kayak55.com艤装魂

皆様のカヤックの艤装、方法を紹介するコーナーです!既存の艤装パーツを活用するもよし。別ジャンルの部材を活用するもよし。オリジナルで1から作成するもよし。艇ごとにその艇ならではの艤装もあれば、艇は違えども流用できるメソッドもあり、艇は同じでも釣りも変われば艤装も変わる…是非皆様の艤装魂を紹介して頂ければと思います。ご投稿はinfo@kayak55.comまで、件名「艤装魂」にてハンドルネーム、コメントを添えてお送りください。ご投稿頂いて採用された方には…「艤装魂」オリジナルステッカーをプレゼント!

【コメント】
ホビーカヤックにセールマウントが付いています。

フロントハッチ開けた所のマウントパイプが走っていますので、そこにレイルマウント太を着けて55バッテリーにアタッチメントアダプターを付け装着です。
DSC_1871
DSC_1872
DSC_1873
DSC_1891

レイルマウントは(太・32-41)が必要で、細い方(19-25)は合いませんのでご注意ください。

【kayak55コメント】
ホビー内部にバッテリーを中空で浮かすことができるアイデアありがとうございます。

これなら濡れない&艇内に置いたバッテリーがゴロゴロと転がっていかないです。

レイルブレイザのレールマウントの太い方のサイズってなかなか使い所がないなと思っていたのですが、ホビーのこういうところで活用していけるのですね!

このアイデアは高性能魚探を積むホビー乗りの方にとってとても参考になるご投稿だと思います。ありがとうございました!

ハンドルネーム【力丸】さん

【コメント】
初めて投稿します。よろしくお願いします。

塩ビパイプで作ったキールガードです。
DSC_1830 

塩ビパイプをトーチで暖め柔らかくなったら傷をつけたくない所に軍手をしてビシっと!〈※かなり熱いので注意〉
DSC_1784
DSC_1790

その後は、余分な部分をカットして、防水両面テープを貼り(車のエアロ用)、テープを貼った部分に隙間が出来たらその隙間にコーキングして、終了です。

注意としてはコーキングだけで接着すると剥がすのが大変です。


【KAYAK55コメント】
カヤックで一番引きずり摩耗しやすいのがキールの端の部分だと思います。

FRPですとキールをガードするものを貼り付けができますが、ポリエチレンは他の素材との接着が難しいと思っていました。が、塩ビパイプキールガード、ポリにも行けるのですね、これはすごいです!

剥がすのが大変というぐらいですからかなりガッチリと止まるのですね。

車載で引きずる方、ゴロタや小磯がメインフィールドの方など参考にしてみてはいかがでしょうか。

※ただし!ポリエチレン艇は熱に弱く、熱で変形してしまう可能性があるので作業はあくまでも自己責任で、失敗してもノークレームでお願いします。
 

ハンドルネーム【ポンデライオン】さん

IMG_4268
デスペラードのフットブレイスにサイトポート設置してみました。

IMG_4272
吸水性がない樹脂をフットブレイスの形に合わせてフライス盤で、カット。

IMG_4274
 
サイトポートがつけられるピッチで6mmのネジのスプリューを埋め込みました。

ピッチを変えれば他の艤装製品にもいけると思います。

IMG_4277
IMG_4265
コツはあえて少しサイズをプラスで作ることだと思います。そうすることで簡単には動かず外れなくなります。
IMG_4271
 
【kayak55コメント】
いや〜すごすぎる・・・これはすごいアイデアです!

これまでフットブレイスの足から先のエリアの有効活用としてはプレートを置くなどがありました。(実際、kayak55でも専用のKFマルチプレートという商品を作りました)

ただ・・・フットブレイスのレールの内部の空間を使う!このアイデアはまったくありませんでした。目からウロコです。

デスペラードはとってもキレイなFRP艇、やっぱりなるべく艇自体に穴を空けずに加工できれば、それに越したことはないですよね。

とはいえ、この樹脂の加工自体は職人レベルです。誰しもが簡単には真似はできないでしょう。

それでも、ここまでのクオリティでないてもしても、このアイデアの応用は今後広がっていくと思います。本当に素晴らしいアイデア、ありがとうございました!

このページのトップヘ