kayak55.com艤装魂

皆様のカヤックの艤装、方法を紹介するコーナーです!既存の艤装パーツを活用するもよし。別ジャンルの部材を活用するもよし。オリジナルで1から作成するもよし。艇ごとにその艇ならではの艤装もあれば、艇は違えども流用できるメソッドもあり、艇は同じでも釣りも変われば艤装も変わる…是非皆様の艤装魂を紹介して頂ければと思います。ご投稿はinfo@kayak55.comまで、件名「艤装魂」にてハンドルネーム、コメントを添えてお送りください。ご投稿頂いて採用された方には…「艤装魂」オリジナルステッカーをプレゼント!

ハンドルネーム【マコト】さん

【タイトル】スキマ―116艤装

【コメント】
今回はスキマ―購入させて頂きありがとうございます!

早速艤装しました!

1
2
デッキプレートはまな板にて作成…スターポートで魚探とロッドホルダーを設置!

3
そして前回は忍を所有してたのでコンソールボックス的なものがほしくてツールボックスを設置しました!
塩ビパイプはフィッシュクリップ収納場所です!

4
5
そして予備パドルは先端のハンドルにマジックテープで固定して魚探とロッドホルダーに挟み込んで固定…

なんとか穴を開けずに完成しました!
なかなか苦労しました!

改めて忍の艤装のしやすさに脱帽です!

忍プロならぬスキマ―プロの完成です!(笑)


【kayak55コメント】
いつも艤装魂コーナーを盛り上げていただき本当にありがとうございます。

このたびはスキマー116の方、本当にありがとうございました。

さっそく艤装!さすがのクオリティですね。

マルチプレートにレイルブレイザマーク!

魚探には艤装魂ステッカー(ありがたや〜)

そして、やっぱり便利なセンターコンソールをスキマーにも。取り外し可能、まさにスキマープロですね。

釣りのしやすさはもちろん、安全装備も忘れずに、しかも艇に穴を開けずにここまで作れるとは・・・いつもナイスアイデアに脱帽です。

新艇での今後の安全と爆釣を心より祈っております。

引き続きよろしくお願いいたします。

ハンドルネーム【Black ninja max 1700】さん

【タイトル】カヤックへのスペアパドル収納

【コメント】
万が一に備え、スペアのパドルを常備しておきたい!

でも、置いておくだけでは見た目も機能性もよろしく無い!と言う事で、イメージを具体化すべくネットで物色した結果、こんなのを見つけました!
image2
コレは、腰に道具をぶら下げたりするのに使うフックです。
image3
image4
これにレイルブレイザのアタッチメントを付けて、カヤック側(プロフィッシュ45)には、バウ側のカーゴスペースにレイルブレイザのサイドポートを付けセットします。
image6
image7
パドルのブレードをフックに押し付けたら、シャフト側をこれまたレイルブレイザのGホールド75でガッチリ固定すれば完了です!

見た目もスッキリして、簡単脱着!耐久性等、実際に海に出て気づいた事あれば、またご報告します。


【コメント】
このたびは艤装魂ご投稿、ありがとうございます。

スペアパドルは重要なアイテムだと思います。私も使ったことはないですが常備しています。逆に言えば、パドリングのカヤックの場合は壊れる箇所はパドルのみなので、スペアパドルがあれば解決できますよね。

そのスペアパドルの固定ですが、こんなアイテムがあったとは!これは美しいですね。これをアタッチメントアダプターで取り付け、なるほどです。

やはりかっこいいカヤック、スタイリッシュな装備にしていきたいです。今回のアイデアは安全面と見た目の美しさの両立がされているところがすごいです。

今後もぜひ艤装アイデアや釣果写真等いただければ幸いです。

引き続きよろしくお願いいたします。

ハンドルネーム【ハートアンダーブレード】さん

【タイトル】忍のフットペダル紛失対策

【コメント】
以前、ホエールさんのブログにも掲載されていましたが、忍のフットペダルの紛失対策について考えてみました。
 
以前、フットペダルの取付けが不十分だったのか、力を入れて踏ん張った時にフットペダルが外れてしまったことがありました。

フットペダルが外れた時にパドリングが大変だった経験もあり、「沈」した時の紛失対策として何かできないか考えました。
 
そこで、バイキングカヤックの35㎜スカッパープラグを2個用意し、写真のように加工しました。
image
image 3

スカッパープラグの厚さは1.5mm程度なので、カッターなどで加工可能です。
 
次にバンジーコードとスカッパープラグを結ぶのですが、スカッパープラグの厚さが薄く強度に心配があったためスカッパープラグの裏側をホットメルトで盛り付けし、強度を上げました。
image 2


後は、バンジーコードでスカッパープラグとフットべダルを結ぶだけです。
image 4
image 6


実際に忍に取り付けてみると、コードも邪魔にならず、すっきり取り付けができました。
また、スカッパーからの水抜けも良好でした。
image 7
image 8

取付け取り外しが簡単なので準備や後片付けも楽です。
 
純正品なので、スカッパーへの取り付けもしっかりフィットし、万一「沈」しても紛失せずに済みそうです。


【kayak55コメント】
今回は忍のフットペダル紛失防止艤装のアイデアをいただきありがとうございます!

忍のフットペダルは慣れてくると踏み外すことはなくなり、以前の私の実験では沈から起こしても外れなかったのですが、やはりただ「はまっているだけ」の構造なので、着岸時などで激しく波にもまれて沈をすると外れる可能性があると思います。

もちろんスペアは売っていますが、やはり金額もそれなりにするので(特に2つ失うとけっこうな金額になります)、流出防止アイデアはとても役立つと思います。

スカッパーホールのプラグを加工するのはまったく思いつきませんでした。バイキングのスカッパープラグは通常は裏側から押さないと取れないのですが、この構造ならバンジーを引っ張れば外れるのでとても簡単に取りはずしできますよね。

 いつも本当にありがとうございます!

引き続きよろしくお願いいたします。

 

このページのトップヘ