kayak55.com艤装魂

皆様のカヤックの艤装、方法を紹介するコーナーです!既存の艤装パーツを活用するもよし。別ジャンルの部材を活用するもよし。オリジナルで1から作成するもよし。艇ごとにその艇ならではの艤装もあれば、艇は違えども流用できるメソッドもあり、艇は同じでも釣りも変われば艤装も変わる…是非皆様の艤装魂を紹介して頂ければと思います。ご投稿はinfo@kayak55.comまで、件名「艤装魂」にてハンドルネーム、コメントを添えてお送りください。ご投稿頂いて採用された方には…「艤装魂」オリジナルステッカーをプレゼント!

【タイトル】忍出艇時のカヤックカートの保管方法

【ハンドルネーム】ハートアンダーブレードさん

【コメント】
いつものエントリーポイントまでは砂浜を移動しなければならないためカヤックカートの使用が不可欠です。
 
自艇の忍では、センターハッチから艇内へのカヤックカートの保管ができないため保管方法を考えました。

まず、タイヤはカーゴスペースに平置きしてクーラ―を上に置きます。
カーゴスペース
スターポート利用

次にカヤックカート本体の固定には旧タイプの忍に標準装備されているスターポートを利用します。
 
使用するのはレイルブレイザのGホールドとパドルグリップスターマウントです。
 
Gホールドは付属のバンドで固定、パドルグリップスターマウントはバンジーコードで固定します。
Gホールド
パドルグリップスターマウントパドルグリップスターマウント

カヤックカート本体は回転できますので、普段はクーラ―側に倒すと、ちょうど黒いスポンジの部分がクーラ―を上から押さえる状態となります。
 
クーラ―を使用したい場合は、シート側に倒せば問題ありません。
設置完了

 簡単な艤装?ですが、これで、出艇時にカヤックカートの保管に悩む必要がなくなり、個人的には満足しています。 



【kayak55コメント】
このたびは艤装魂コーナーへのご投稿をいただき、本当にありがとうございます。

忍はフロントがハッチやラゲッジになっていないため、クーラーを積載するとどうしてもカヤックカートは一度車に戻す必要がありました。

そこで今回のアイデア!

今回の艤装ではタイヤの飛び出しがなく、しかもレイルブレイザのパーツを使ってスタイリッシュに。しかもクーラーの開閉にも問題がないということで素晴らしいアイデアだと思います。

忍の限らず、よくカヤックカートをそのまま積載してタイヤがサイドに出てしまっているケースがありますが、静水なら良いのですが波が立つ場所では荒れてくるとそのタイヤに波が当たってカヤックのバウが回ってしまい、着岸など場合によっては危険となります。

大変参考になりました。ありがとうございました。

今後もぜひ良いアイデア等あればお送りいただければ幸いです。

 

【ハンドルネーム】Black ninja max 1700

【コメント】忍にホンデックス対応の格安水温センサーをスマートに取り付けたくて思いついた方法です。

魚探の振動子をセンターコンソール内のスカッパーホールから引き上げてコーキングで固定してありコンソール蓋に穴を開けゴムグロメットを付けてケーブルを引きだしていますが、その穴から水温センサーのケーブルも引き出したくて、今度は、コンソール内のドレンプラグに貫通穴を開けて水温センサー5φを差込みプラグネジ部内側にコーキングをうちました。 
image0
image1

船底からはみ出ることもなく、水温表示も問題なく使用できました。
image2



【kayak55コメント】
艤装魂のご投稿も頂きまして、誠に有難うございます。

コンソールのスカッパーからのドレンプラグ加工による水温センサーの取り付け素晴らしいですね…!

まさかここを活用するとは!まったく想像さえしていませんでした。
おそらく過去に忍でこのパターンの加工をされた方はおそらく居られないと思います。

忍の艤装はある程度出揃ったと思っていたのですが、まだまだあるものですね!発想力がすごい!ナイスアイデアです。

さらに加工技術も素晴らしいです。ドレンプラグにスマートに美しくインストール。

PSシリーズで水温センサーを活用される方は少なくないと思うので大変参考になります。

ありがとうございました!

ハンドルネーム【mizu】さん

【タイトル】
三番瀬限定携帯折りたたみスロープ2

【コメント】
またまた前回同様ローカル艤装ネタですみません。

今回は三番瀬限定携帯折りたたみスロープを改良してもっとシンプルでスムーズにセッティングができるように改良してみました。
20200124_133534
20200124_133658
20200124_133954
今回改良したスロープは2点だけをカヤックカートの幅に合わせて段差をまたぐように置くだけで段差の両側もいっぺんにセッティングができるようにしました。
20200124_133424
20200124_133431
20200124_133439
これで段差をスピーディーに設置して回収して通過することができます。
20200124_160942

20200124_160926
20200124_160647

そして今回もバイキングカヤックの6インチのハッチに1セットが収納できます。

また走行テストよろしくお願いします。


【kayak55コメント】
いや〜なるほどです!

今回のものですと4点から2点にパーツが減ってより携帯性が増しましたね!

しかも前作同様に6インチハッチに入ってしまうのが素晴らしいです。カヤックの上の積載スペースは限られますから、この点がとても重要だと思います。

このアイデアを流用して、各地の方が自作すれば、全国つつうらうらの段差のある場所でカヤックカート段差問題が解決していくことになるかもしれません。

いつも素晴らしいアイデア!ありがとうございます。

前作はすでに私ホエールの三番瀬釣行で大活躍中ですが・・・2の方もチャンスあれば使わせてください!よろしくお願いいたしますm(_ _)m

このページのトップヘ