kayak55.com艤装魂

皆様のカヤックの艤装、方法を紹介するコーナーです!既存の艤装パーツを活用するもよし。別ジャンルの部材を活用するもよし。オリジナルで1から作成するもよし。艇ごとにその艇ならではの艤装もあれば、艇は違えども流用できるメソッドもあり、艇は同じでも釣りも変われば艤装も変わる…是非皆様の艤装魂を紹介して頂ければと思います。ご投稿はinfo@kayak55.comまで、件名「艤装魂」にてハンドルネーム、コメントを添えてお送りください。ご投稿頂いて採用された方には…「艤装魂」オリジナルステッカーをプレゼント!

ハンドルネーム【KOMO】さん

【タイトル】アンカートローリー

【コメント】
自分なりに色々と試した結果、海外のカヤック動画にあったクッションゴムを使った方法が良かったのでご紹介します。

使用した材料は

◆バイキングカヤックのアイレッツ
◆バイキングカヤックのバンジーコードとビーズ
◆モンベルのキーカラビナ(フラットDカン6)とアクセサリーコード(3ミリ)
◆水本機械製作所のSUS製プーリーブロック(PBー25)
◆大洋製器工業のSUS製丸リング(3×25)

1
コードは必要な長さを計り売りしてもらいます。

2
プーリーとカラビナはホエール赤澤さんがよくご紹介されているもので、ご存じの方も多いと思います。
リングとロープはお好みによりますが私は少し小さめ、細めを選びました。ワンサイズ大きい4ミリロープと4×35のリングもバランス良くグッドです。

3
4
右舷に後ろ側、左舷に前側の2セット使っていますが、片側1セットで前から後ろまで組むのもオッケーです。

5
6
7
端部をビーズで処理したクッションゴムをアイレッツに通してカラビナを掛ける。クッションゴムは1セットに一つだけでオッケーで、反対側はアイレッツに直接カラビナを掛けます。

9
10
プロフィッシュの場合は後ろ側に素晴らしい穴が空いているので利用。ビーズがピッタリ納まります。

15
16
ロープとリングの結束ですが、人差し指の先端側から指ごと3-4回巻きつけておいてそっと指を抜く。

11
指を抜いた跡に出来た穴にロープの端を下から差入れる

13
締め込んで出来上がり。(写真のリングは4×35です)

14
クッションゴムを使うことでロープが垂れずに舷側にピーンと張り、カラビナが掛けやすい。ロープの長さ調整がシビアで無くなる。アンカーが急に効いた時にアイレッツに優しいなどイロイロと良いなと思いました。


【kayak55コメント】 
 このたびは艤装魂のご投稿ありがとうございます。

クッションゴムによってロープがピンと張りやすく、しかもプロフィッシュの穴を活用できる!これはすごいです!
大変詳しい内容で、とても参考になります。また、私も今後のトローリー艤装でクッションゴムは使用してみようかと思いました。片側だけでもだいぶ違いそうですよね!

またロープの結び方まで詳しく解説いただき、とても勉強になりました! 

ぜひまた良いアイデアあれば教えてください! 

ハンドルネーム【タマン太郎】さん

【コメント】
最近コロナの影響でしょうかカヤック始める方が多くなっているようですそれに伴いカヤックリフターを求められる方も急増中。

イノーのカヤックリフターは完璧ですがお金をかけたくない方へご提案。

IMG20220328141217
光ケーブルのアルミ角パイプ1000×15×25

IMG20220328145658
IMG20220328141233
これをイノーベースバーに差し込むだけ。

ベースバーに収納するには1センチ程ずらした状態で貫通穴を空けボルトを差し込んでおきエンドキャップをすれば良い。

IMG20220328145532
またアルミパイプの端に2箇所穴を開けておきカヤックを載せたあとL字金具を置きボルトを差し込めばズレ落ち防止になる(その場合バスタオル等を巻くとより効果的)。

IMG20220328141722
IMG20220328141642

載せたあとアルミパイプを短くして積み込めば女性でも簡単に車載できるはず。
(横積みはターンが最初難しい)

※テロッツォのバーに差し込むにはアルミパイプの横をレール状に削る必要があります。


【kayak55コメント】
このたびは艤装魂へのご投稿、ありがとうございます。

バーの中にバーを入れるアイデアも素晴らしいですし、自作でここまでのすっきり美しくまとめらられているのはスゴイです!

カヤックリフターはもっともスタイリッシュで回しこみも楽でもちろん素晴らしいです。

ただ、ステー(足)の外側に10cm出ていないと取り付けができないため中にはご自身がすでにつけているカーキャリアに取り付けが不可というケースがあります。

車種にもよりますが標準バーでも多少は足から外側にバーが出ているケースがあり、そういう方には省スペースなこちらのアイデアで取り付けが可能な可能性がり朗報ではないでしょうか。
(※もちろん標準バーの段階でステーからほとんどバーが出ていない場合はバーを交換する必要があります)

ハンドルネーム【ロング・ザ・ジョー】さん

【コメント】
最近のネタを一つ。

no title
ランニングネットを『プロックスラバーランディングネット19型』に買い替えたのですが、とにかく柄が長過ぎる!

とても伸ばした状態でカヤック上に置くとかロッドホルダーに挿せる長さではない…

また長過ぎる故に、取り回しもし辛い…

そう思って柄を切る決断をしたのですが、今度はグリップか

今度はグリップが外れない…

色々調べたところ、何と柄の径が『自転車のハンドル』と全く同じ22.2mmという事が分かりました。

1
2
柄と合う色の自転車のハンドルを用意して、遂に柄を切断!(ダイソーの金切ノコで、26センチ程切断しました!)

そして自転車のグリップを装着すると…

3
思った通りジャストフィット!!

4
使い勝手が良い長さになり、グリップも良くなりました。

ランニングネットが長過ぎてお困りの方は、思い切ってやってみては如何でしょうか?


【kayak55コメント】
ランディングネットの改造アイデア、ありがとうございます!

市販のネットはやはりカヤックフィッシングは想定されていないので、グリップ長やグリップの太さが買ってみたら合わなかった・・・というのはありますよね。

特にフラッシュロッドホルダーに差したかったのに入らないとなるとけっこうガーンときます・・・

アルミ製の柄であれば実は糸鋸でかんたんに落とせますが、ただそうなると今度はグリップどうしよう問題が出てきます。

そこにこのアイデアは素晴らしいです。自転車用のグリップというのはまったく思いつかなったです!

自転車用のグリップは色もタイプも多種多様でリーズナブルで選択肢も豊富ですよね。なるほどです!

このページのトップヘ